年収から借入可能額を知って審査に申し込む

年収と借入可能額のバランスを知っておくことは、ローン申し込み者にとって重要なことになります。
お金を借りたい時の申し込み者の本音としては「できるだけ大きな金額を貸してほしい!」ではないでしょうか。

 

カードローンやキャッシングなら「可能な限り大きな限度額を設定したい。」というところでしょう。
だからといって、カードローンやキャッシングの最高限度額と書かれている金額を、希望額としてそのまま申し込みしてしまってはいけません。

 

年収からの借入可能額を知って、審査に申し込むことが大切です。

 

実際に消費者金融では、総量規制という法律の規制を受けています。
そのため、申し込みできる限度額はどれほど大きくても年収の3分の1までと決まっています。(おまとめや借り換えなどでは例外となります。)

 

年収300万円の方なら、絶対に100万円までしか申し込みができません。
また、他に貸金業者での借入があれば、合計して年収の3分の1までとなります

 

申し込み前に借入可能額を知っておくことが大切です。

 

銀行カードローンは、消費者金融と違って貸金業法の規制を受けません。
だからといっていくらでも申し込みをすれば、借りられるというものでもないのです。

 

銀行カードローンは、総量規制の額を超えても申し込みできますが、年収の何倍もの額を借りることはできません。
また、当然返済のことを考える必要がありますから、その点からも無限に大きな額を申し込みさえすればよいというものでもないのです。

 

まずは申し込み先を見て、自分の借入可能額を年収から判断しましょう。
その範囲内で審査を申し込むことが大切です。