現在の借入残高は審査に影響する?

現在すでになんらかのローンを利用中の方が、新たにローンに申し込みをする時には、借入残高は審査に影響するのでしょうか?
まず、貸金業者を利用していて、さらに貸金業者に申し込むとなると、総量規制の法律がありますので借入残高は審査と直結しています。

 

総量ですから、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1に収める必要があるのです。

 

ただし、借り換え、おまとめとなるとこの法律の例外となるため、年収の3分の1以上の額でも申し込みできます
またうっかり忘れやすいのですが、クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象ですので借入残高に入れることを忘れないようにしましょう

 

クレジットカードでもショッピングは対象外です。

 

住宅ローンやマイカーローンを利用している方がカードローンに申し込む場合は、申し込み先の金融機関に注意をしておきましょう。
銀行でのローンは総量規制の対象外です。

 

また住宅ローンやマイカーローンを利用していて、同じ銀行でカードローンを申し込むなら、金利引き下げサービスを行っているケースもあります。
新たなローンを申し込みする際には、確認しておくとよいですね。

 

現在の借入残高をどのようなローン申し込みでも、記入することになります。
金融機関は申し込み者の個人信用情報を照会できるので、借入残高を詳細に把握することは可能です。

 

この場合、申し込み者は記入もれや、計算ミスなどがないように十分に注意を払って記入するようにしましょう。
うっかりミスであっても「借入残高もわかっていない信用できない人物」と判断されてしまっては、審査に影響が出てしまいます。