なぜ借入審査は行われる?

事前にお金の借り方を学び、ローン申し込みをして借入をする前には必ず審査が行われます。
審査は、すべて同じものというわけではなく、金融機関やローンによって違いが大きいものです。

 

しかし、そもそもなぜ借入審査は行われるのでしょうか?

 

審査を行うことで金融機関がしたいことは、申し込みをしてきた人物にお金を貸しても大丈夫かどうかを知るというものです。
「借りたい。」と言う申し込み者すべてに貸して返済されないと、金融機関としての経営は続けることができなくなってしまうでしょう。

 

きちんと返済できるのか、またいくらぐらいの金額ならできるのか、ということを金融機関は判断したいのです。
審査をしなければ、いずれも金融機関は把握することはできません。

 

収入が高くても、他のローンをすでに利用していて返済額に余裕がないといった詳細は、審査を行わないと分からないものでしょう。

 

もちろん、申し込みをする側も、必要な額だけ借りたいという気持ちがあります。
しかし、必要額=返済できる額ではないこともあるでしょう。

 

こういった部分を、金融機関は余裕をもって返済できる額を判断することになります。
もちろん借りる側としては自分が求める金額だけ貸してほしいというのが本音ですが、ローンは必ず返済しなければいけないわけです。

 

借りられる額の判断を誤ると、返済不可能となり延滞履歴が残ってしまいます。
延滞履歴はすぐに消えるものではありません。

 

個人信用情報機関に最低でも5年は残るのです。
借入と返済のバランスをとるためにも、審査が行われるのは申し込み者、金融機関双方に重要となりますね。

 

審査基準について知りたい

ローンの審査には、借りられる、借りられない、の判断をするための基準が設けられています。
これはローンごとに違いがあるもので、なにか一つだけ基準をクリアしていれば借りられるわけではないのです。

 

属性とよばれる、申し込み者の年齢、勤続年数、勤務先、勤務先の規模、家族構成、自宅が持ち家か賃貸か、既婚か未婚かといったようにたくさんの項目を審査によって判断するのです
これは、多くの金融機関ではスコアリングと呼ばれる点数化することによって、審査していきます。

 

ただし借りられる状態となる数値は、申し込みをする側には分かりません。
つまり、審査基準はこれですから、これがOKなら借りられますよ、というのは誰にも分からないのです。

 

事前に審査の基準が分かってしまうと、それに合わせて属性を記入しようと考えるでしょう。
本当のことを書かなければ、正確な審査は当然できません。

 

申し込みをする側としては、審査基準がおおよそ分かれば通過しやすそうなローンを選んで借入したいと思うものです。
しかし、審査に通っても通らなくてもその理由を知る事はできません。

 

基準を気にしてローン選びをしても、わからないというわけです。

 

審査基準について調べるよりも、申し込み先のローンスペックや、ローンの利用方法などを他のローンと比較しておいたほうが、ローン選びとしては成功することになるでしょう。
申し込み者としては、属性の状態が悪くならないように、すぐに転職しないなどできることは限られています。

 

審査に通りやすいローンというものはある?

できれば確実に借りたい、これはローンを申し込む方の共通の願いでしょう。
審査に通りやすいローンを探して申し込みたい、こう考えていろいろな情報を検索しているのではないでしょうか。

 

しかし、ローン審査がどのように行われているのかといった情報などが載せられているサイトを見つけることがあっても、実際のローンのサイトではこんな審査を行っていますよ、という情報は絶対に書かれていないはずです。

 

審査の流れなどは、ローンサイトできちんと調べることができても、通りやすいかどうかということを知ることはできません。
また口コミ情報では、「通りやすかった。」という感想を見かけることもあるかもしれませんが、これも審査に通れば通りやすかったという情報を寄せるでしょうし、通らなければ審査が厳しいローンだったと感じるでしょう。

 

誰かが通りやすいといっても、その誰かと属性が全く同じということはまずありえませんので、そのまま鵜呑みにする訳にはいかないということです。

 

各ローンでは審査通過率を発表していますが、そのパーセンテージが高くても、自分が通過する側になるかどうかは申し込んでみないと分かりません。
ですから、審査に通りやすいということを、申し込み前に知ることは不可能であると考えておきましょう。

 

審査に通りやすいローンを探すことに時間をかけるよりも、返済計画などをきっちりと立てておくほうが何倍も重要なことになります。
ローンの使いやすさなどを比べることは大切ですが、審査だけにとらわれ過ぎない方がよいでしょう。

 

キャッシングやカードローンの審査はこうなっている!

たくさんのローンがある中でも、特に審査時間の短さなどで、様々な目的に利用されることが増えているのがカードローンやキャッシングです。
審査時間の短さはなぜ実現されているのでしょうか。

 

カードローンやキャッシングはより早く借りられるようになるための、スムーズな審査が実現されています。

 

カードローンやキャッシングでは、最短審査時間が30分ぐらいのところが増えていますね。
30分で完了できるのは、機械的にスコア化していくことが大きな理由となっています。

 

年齢で何点、勤続年数で何点、と点数をつけていき、基準の数値を超えていると仮審査は可決となります。
仮審査は、一次審査や事前審査などとよばれます。

 

仮審査が可決になった時に、本人確認書類や必要に応じて収入証明書類などを提出することになるカードローンが多いでしょう。
一部には、仮審査さらに本審査が終わってから書類提出というローンもあります。

 

仮審査後の本審査では、申し込み者を個別に審査していくことになります。
情報では、仮審査が可決になると本審査はほぼ通るといったことを見かけますね。

 

これは、多くのローンでもそのように言われています。
仮審査、一次審査でも申し込み者の属性を判断しているので、相違が表れることは少ないと考えられているのです。

 

ただし、申し込み時に記入していた内容と大きく違いが本審査で見つかった場合は、結果も違ってきてしまいます。

 

わざとではなくても、間違いがあれば、信用度が下がってしまうようなこともあると言われています。
申し込み時には十分に注意して記入しているでしょうが、その後間違いを自分で見つけた場合等は、すぐに連絡を入れるようにしましょう。

 

カードローンやキャッシングの審査で行われていることがわかると、申し込み後も不安をあまり感じる必要がありませんね。